17年ぶりのインフルエンザで死にかけました


どうも、みなさんこんにちは。
今回はインフルエンザについて語っていきたいと思います。

つい4日前にインフルエンザにかかり、わりとガチで死を覚悟するほどに衰弱していったのでここに記しておこうと思います。
記憶の限りでは中学1年の冬にインフルエンザにかかったことがあり、それ以降は一切かかったことがないので、無敵だと錯覚していました。
正常性バイアスであり、僕もころっと逝っちゃう人間なんだなと改めて自覚しました。

そんな恐ろしいインフルエンザについて語っていきます!


インフルエンザはどこから来たのか

今回インフルエンザにかかってまず思ったのが、そもそもインフルエンザってどっからやってきて、どこにいるもんなんだってことが疑問になりました。罹ってみないと興味ってのは中々湧いてこないものですね。

インフルエンザはA型とかB型とか色々あってABCDのだいたい4種類くらいあるそうで、主に毎年流行するのはA型かB型らしいです。で、水かきがついてる水鳥とかには常在菌として常にインフルエンザのウイルスを持っているそうです。
人間が大腸菌を体内に持っていても大丈夫なように、水鳥たちは平気なようです。

野生の鳥は基本的に寒いところにいないようで、常に春のような気候の場所を求めて飛び回っているらしいので、色々なところにフンをして菌をばら撒きます。で、これだけじゃ人間に感染しませんが、そのばら撒かれたフンがアヒルやガチョウや豚や家畜などをとおして人間に感染するみたいです。

起源としては中国南部らしいですが、今話題の新型コロナウイルスも中国ですよね。ウイルスの母なる大地なんですかね。

第一次世界大戦の「スペインかぜ」もこのインフルエンザの流行らしく、感染者が5億人で死者が5000万人~1億人ほどにものぼるそうです。戦争と言えどグローバル化というものは恐ろしいものです。

初期症状

僕が17年ぶりに罹ったインフルエンザの初期症状です。

まず朝起きてなんともない日常が始まり、普通にいつも通りのテンションで職場へ出社しました。ただ、昼前くらいになぜかお腹いっぱいの状態に苛まれ、あれ、最近食べ過ぎかなと思ってついに消化器官でも故障したのかと思いました。

昼食はいつもの食堂みたいなところで食べてるんですが、とりあえず満腹感すごいけど栄養摂っとこうみたいなノリで食べに行くんですが、初めて残してしまいました。気持ち悪いとかってよりかは満腹感すごいんで。

で、昼食を食べ終わったら昼休みが終わるまで10分~15分くらい昼寝してスッキリさせてるんですが、なんか体が痛くなってきたような感覚と、やけに寒くて全く眠れません。というか寒すぎヤバいみたいな状況。

午後の仕事が始まって「あ、これもう無理なやつだ、ここまで終わったら早退させてもらおう」と思って、とりあえず中途半端になっている仕事を片付けようと思うんですが、これが全然頭が働かずもうなんか通常なら1時間で出来ること2時間とか余裕で経ってるみたいな能率の悪さでした。
それよりもまず寒い目眩がしてくる肩あたりがすごい疲労感
とにかくこれが気になって仕方ない感じでした。

なんとか目標のキリのいいところまで仕事進めたら時間がものっすごい経っていて14時半とかになってました。本当は14時くらいには早退する予定だったんでしたけども。

とりあえず症状を伝えて早退して病院行ってくるって感じで職場を出るときはまだ正常に歩ける感じでしたし、駅までもわりと歩けていましたね。


症状のピーク

職場を出てとりあえず家の最寄りの病院行こうと思って片道1時間かかる通勤ルートを電車で帰るんですが、だんだんとめちゃくちゃ息が苦しくなってきます。新型コロナ対策としてマスクも着用していたのですが、これも相まって十分な酸素が供給されず、「やばいこれ気絶するやつ」って直感して途中の駅で降りました。

腕と足が完全に痺れてるような状態になってしまっていて、これはインフルエンザとは関係ないと思うんですけど、僕は酸欠だか貧血だか分かりませんが、十分な酸素が吸えないと大体こうなります。遅刻しかけて超ダッシュして満員電車に乗って息全然できないってなったときも過去にあったんですけど、その時と同じ症状ですね。

でも今回は安静に普通に電車の座席に座っていたのに急に呼吸苦しくなってきて、マスク着用も相まって完全に酸欠状態となりました。
駅のホームの一番端っこまでウォーキングデッドして行き、こんな感じで10分くらいうなだれてました。

そうこうしているうちに腕と足の痺れもおさまって、超酸欠状態からも解放されてきたので、もっかい電車乗るか・・・それともここで一番近い病院探すか・・・と迷いましたが、iPhoneで検索した時点で近くに無さそうだったのであきらめて電車に乗りました。

ここで一度経験した恐怖はなかなか拭えなくなるのが人間の常なんですが、また酸欠起こしてしばらく電車が止まらなかったらどうしようって問題があります。
が、しかし、ここはもう「さっき復調した さっき復調した さっき復調した 」と頭の中で唱えて「うわぁ楽だわぁ」って錯覚させて電車に乗り続けました。

それでもどんどん具合は悪くなっていき、マスクも鼻までしてると息がもたないくらいに呼吸が浅いです。寒気や頭痛や関節痛みたいなものは当然ずっとあって、ここへ来て昼に食べたものをめちゃくちゃ吐きそうになってきました。
ただでさえなんかよく分からない満腹状態で食べたので、もう全然胃に落ちてない状態みたいな感じでいつでも口から出てくるぞみたいでしんどいです。

じっと座ってることも困難で、もうなんか落ち着きのない小学生が電車とかバスとか乗ってる感じにそわそわ動いてる状態になってたと思うんですけど、でもそうしてないとやっていけないくらいにしんどい状況が続き、呼吸も浅くて苦しいので時折「ふぅううううう」って自ら深呼吸してたんですけど、隣に座ってるおばちゃんが「うわやべえやつやんこいつ」みたいな感じで見てたのを微かに感じ取ってました。でも周りにどう思われてるとかどうでもよくて、これ死ぬぞって感じで気にしてる場合ではありません。

なんやかんやあって病院まで辿り着くことができましたが、たまたまその日の東京が物凄く寒くて風も強い日だったんだと思うんですけど、病院の中の暖房の効いた屋内でもめちゃくちゃ寒くて、この感覚子供の頃に味わったことあるやつだってのは懐かしくも思い出しました。
もうどうしようもないくらいに具合悪くて横になろうが逆さまになろうがこの体調はどうすることもできず、ただ堪えるしかないようなあの時間。久々でしたね。

病院内はけっこうガラガラでしたけど地元の常連さんがたくさん予約しているのかなかなか順番が来なかったんですが、ついに診察してもらったらなんとインフルエンザの反応が出ませんでした。おそらく昼過ぎに発症して、まだ時間そんな経ってないからって推測らしいですけど、流石に先生も症状的にインフルでしょうってことで、インフル用の処方をしてくれました。
ちなみに喉の痛みとか咳とか鼻水は全然なかったので、たぶん鼻にティッシュ突っ込んで陰性か陽性か調べるやつ意味なかったんじゃないかなって今考えると思えてきます。

満身創痍で自宅に到着し、とりあえずシャワーで体の菌とか洗い流さなきゃなっていう謎のチョイ潔癖が死にかけの状態でも出てしまい、薬飲む前にとりあえずシャワーを浴びました。
満を持して薬を飲み、もうこの状態あと数時間続いたら本気で命の灯が消えるって思いながら布団にくるまって寝ようとしたんですけど、めちゃくちゃ浅くなっていた呼吸も徐々に楽になっていき、薬ってすげーわってのを実感しながら意識を失っていきました。

2019年~2020年のアメリカでのインフルエンザが死者数が1万人を超えているらしく、その背景にはバカ高い医療費がかかるようで、お金のない人は病院に行けないみたいなのを見ました。たしかにインフルの症状が出ているにも関わらず病院にいかずに放置してたら確実に死んでしまいますね。人によるんでしょうけど。

日本経済新聞 電子版

【ニューヨーク=野村優子】米国でインフルエンザが猛威を振るっている。米疾病対策センター(CDC)によると2019~20年…



ついでにインフルエンザの薬を子供に飲ませることに抵抗があった母親がハーブとかの自然パワーで治そうとして子供が亡くなってしまったという悲しいニュースもありました。
ライブドアニュース

医師から家族全員分の抗インフルエンザ薬を処方されたという米国の母親。薬は必要ないと判断し、ハーブなどの自然療法で対処して…

異常行動

よくタミフルを飲むと異常行動を起こすとかって言われていますが、あれって実はインフルエンザが原因で異常行動を起こしているらしいです。人体にあれだけ危害を加えられるウイルスですからそれも納得です。

僕も薬飲んでいくらか症状も良くなってきた頃合いで眠りにつけるようになれましたが、そのとき見ていた夢が延々と思考をやめられない夢を見ていました。
もういつ何時でも何かを思考し続ける状態みたいな、エヴァンゲリオンの分けわからない心理描写シーンのようなものが高速で切り替わって延々とそれが続いて、なぜか俯瞰で見てる自分もいて、「これは延々に思考続ける人ですね。」っていう謎の解説が入っていたような気もします。

途中何度か目も寝ぼけ眼に覚めるんですけど、「いや、オレは思考を続ける人だから」ってことで起きてても夢の状態みたいな、なんか夢から抜け出せない状態みたいな、とにかくずっと思考を続ける夢を見ていましたね。
で、完全に目が覚めるまで「思考を続ける人や!」って感覚がありました。
完全に目が覚めて夢を見ていたことを認識したあとも「思考を延々と続けていたな・・・」と、なんかもう訳が分からない状態です。

物理的な異常行動には値しませんが、じゃっかん頭おかしくなりましたね。


ちなみに中学1年生くらいの頃にインフルエンザにかかったときは、寝てることに飽きて暇だから漫画読もうと思ってワンピースを真剣に読んでたんですけど、真ん中あたりで、あれ、漫画ってどっちから読むんだっけ?コマってどっからどこに進んでいくんだっけ?ってなってしまい、よくよく考えてみたら、さっきまで逆から読んでなかった??ってことに気が付いて、「うわ、もう終わりだ寝よう」と頭がおかしくなってることを自覚して寝たのを覚えてます。


新型コロナウイルス

今回17年ぶりにインフルエンザにかかって物凄く感じたことは、自分は大丈夫だろうっていう正常性バイアスは本当に何もあてにならんし、罹る時は罹ってしまうんだなってのを強く思いますね。
なんせ、新型コロナウイルスが流行ってるって世間でニュースになってる中、僕もマスク着用と手洗いうがいを例年よりも心掛けた年に17年ぶりのインフルエンザに罹ってしまったので、もう運命としか言いようがない気がします。

新型コロナウイルスの毎日のようにニュースでよく取り上げられてて、感染者がどんどん増えていますが、予防して確率は下げることは出来るとは思いますが、罹るかどうか運としかいいようがない気がします。
そして罹ったとして、重症化する人と、症状も大して出ないという人もいるようで、このウイルスの真相はまだまだ未知なところもあるので、正しい療法が確立されていない状態が非常に怖いところですね。
中国の衛生状態だからあんなに死者が出てしまっているのか、そこのところも気になる点ではあります。他の海外ではまだ死者は出ていないんじゃなかったでしたっけ。

流行り病、新しい未知の病、これから生きていく上でまだまだ色々な局面に遭遇して戦っていくことになると思いますが、生きたいですね。
(ちなみに僕のインフルエンザは昨日か一昨日に治ったと思います。)

エンタメ観音堂の最新情報をチェックしよう!
>to be filled with deep emotion.

to be filled with deep emotion.

心地の良い深い感情に満たされ、誰かに教えてあげたかったり伝えたりしたかったり
私たちエンタメ観音堂は、世の中の〝面白い〟ものを動画配信やブログやSNS等で発信・共有していき、人でも文学でも映画でも音楽でも、そういうことに心を動かされた自分を好きになれたり、自身が忘れていた気持ちや新たな価値や人生観を見い出せてもらえたら幸いであります。

YouTubeチャンネルも立ち上げましたので、
よろしければご覧ください

CTR IMG