FF14 -Patch5.3 クリスタルの残光- プレイした感想

どうも、みなさまこんにちは。
今回は『FINAL FANTASY XIV』(FF14)のパッチ5.3 「クリスタルの残光」のプレイ感想です。

FF14ってなんだよ!って方は
こちらでふわっとゆるっと紹介している記事を書いているので
是非見てみて興味をもって頂けたら幸いです。↓

FF14ってなんなんでしょうか?という方へ

どうも、みなさまこんにちは。今回は『FINAL FANTASY XIV』(FF14)について語っていきたいと思います。 FINAL FANTASY XIV(以下FF14)とはFFシリーズの正式ナンバリングタイトルの14作目で、オンラ[…]



んでは5.3の感想に参ります。
メインクエスト等ネタバレ含む感想になっていますのでご注意ください!


Patch5.3 クリスタルの残光

2020年8月11日に実装された漆黒のヴィランズ SHADOWBRINGERSの追加パッチとなります。
主な変更・追加点としてはパッチノートを見てえ!としか言いようがないのですが、とりあえずたくさんのコンテンツが実装されました。

5.3の特設サイトはこちらになります↓

  • 新たなメインクエスト
  • 人形タチノ軍事基地
  • ウォーリア・オブ・ライト討滅戦
  • 南方ボズヤ戦線
  • 蛮族クエスト「ドワーフ族」
  • ソーチョーの幻想盤
  • ザ・フィースト S16 , S17
  • イシュガルド復興
  • 新生エリア改修

挙げてみるとめちゃくちゃ盛りだくさんですね。
5.3では零式が実装されない奇数パッチなので
多少のんびり過ごせるのですが、
実装されたコンテンツが地味に多く、
しかもランキング報酬系のコンテンツでは僕として見逃せないものがあり、むしろ零式実装パッチよりも苦悩の日々を過ごすこととなってしまいました。

以下、各種コンテンツを実際にプレイしてみての実態と所感に迫ります!


メインクエスト

前回の5.2のメインクエストではアルバートさんの偽物が現れ善良なるクリスタリウムの民たちに光の戦士となって立ち上がれ燃え上がれなどど煽動して何かを企んでいる様子でした。
しかし汚名を着せられていたこっちの世界の光の戦士であったアルバートたちは実は世界を救おうとしていたとプレイヤーが説いた矢先のことであったので、こいつらは偽物だと言うに言えない状況。むしろかえって混乱を招いてしまいます。そして人の思いや湧き上がる感情や情熱に関しては止めることは出来ません。

青年や大人だけでなく、
まだこれからの人生に希望を抱いている
幼気な子供も「光の戦士」になるんだと思いを馳せております。
「誰かを助けたい」という気持ちは自体は、
もともとノルヴラントの人たちが持っていたものであり、
人間のごく自然な感情であります。

場面が変わりプレイヤーがアルバートとの思い出の場所で黄昏ているとエリディブスも自分の意志ではなく何故か気が付けばここに来ていたみたいな感じでやってきた様子です。
そして、ラハブレア、エメトセルクとかつての友を葬り去ったプレイヤーを最悪の敵とみなし絶対に葬り去ってやると宣言。それぞれの正義がお互いにあるのです。
調停者として、正しく世界を導くために…。



なんやかんやあってアーモロートの遺跡を調べることになり、
ちょっとばかしエリディブスの過去を垣間見ることができます。


そしてなんやかんやバトルを挟みつつ
ヤシュトラが調べた情報によると、
世界が終末を迎えるにあたり人々はゾディアークを創造し、
それに込められた願いは「世界を救いたい」。
ゾディアーク召喚の際に核として身を捧げたのがエリディブスであり、
ゾディアーク本体から分離したそうです。
ここらへん僕もよく分かっていませんが、
分離するのなら最初から一旦ゾディアークになった必要は?
分離したらまたエリディブスなんじゃないの?
と、まぁエリディブスは十四人委員会の同胞たちを、ときに助け、ときに正しながら、星と人のために計画を遂行する。「エリディブス」であることが自身のしるべとなり、その目的を見失わないようにしているようです。

謎のソウルクリスタルみたいなものが地面に落ちており
それを拾い集めているとヒュトロダエウスさんが出てきます。
5.0のメインクエの終盤に出てきて大事なことを話していたような記憶があります。

そしてヒュトロダエウスさんは、ゾディアーク召喚前に十四人委員会を抜けた人がいたと言います。第十四の座、離反した者のことを思い出す必要もないので記憶のクリスタルも存在しないとのこと。
つまりさっきまで拾い集めていた13個のソウルクリスタルみたいなものは十四人委員会のそれぞれのメンバーの記憶のクリスタルということで、エメトセルクやエリディブスやラハブレアの記憶もあるということです。
しかし十四人目の記憶のクリスタルがこっそり誰かが造っていたようで、ヒュトロダエウスさんはプレイヤーに「返した」と言っております。
そして第十四の座の役目は「世界の今を知り、解決すべき問題があれば拾い集める」のが仕事とのことらしく、、、ん?これってプレイヤーのことなの??



そして物語は最終局面

準備の整ったエリディブスがクリスタルタワーを乗っ取り
水晶公が塔の外へ弾き飛ばされてしまいます。
プレイヤーと一緒に再び塔へと戻り、
エリディブスを討つぞという熱い展開ですが、
水晶公も満身創痍な状態
がんばってくれ

ここで水晶公の熱いお気持ち表明シーン
リアルにクリタワをプレイしたのが5年くらい前な僕は、
懐かしい記憶すぎて目から出てくる液体が抑えきれません。



そして伏線が張られていた十四人委員会
第十四の座は
プレイヤー自身である「アゼム

救うべき世界のために、闇の戦士を討つ
ウォーリア・オブ・ライト
最終決戦

途中のピンチを救ってくれたのは
エメトセルクでした。
戦闘中ではあるもののめちゃくちゃテンションおかしくなって
戦いを熱く演出してくれるシナリオ班さんヤヴぁいです

エリディブスも負けじと英雄たちを召喚し
なんめめっちゃかっこいいポーズ(ドヤァ
で後半フェーズ!


そしてHP削り切って程よいタイミングで水晶公が追い付き
このクリスタルタワーの由縁を改めて突き付けます。

この塔は、

過去から届いた希望


そしてプレイヤーと水晶公が力を合わせ
ウォーリアオブライトを消し炭にします。
(ララフェルだと身長差的にどうなるのか気になります)


クリスタルタワーそのものが
特大の白聖石であり
エリディブスの魂もろとも塔に封印します。


そして最後に残ったのは
エリディブスの純真無垢な魂の記憶

ゾディアークになればみんなを救えると思ったが
それでも委員会の皆は嘆き悩んでいた
だったら調停者であるエリディブスが手助けしないと
という思いでゾディアークから零れ落ちたそう。

そう…私は、好きだったんだ……
彼らのことが…。
役目をやり遂げたら、
もう一度見られると思っていたんだよ。
彼らの、幸せそうな笑顔を……。

私が最後に残ったって…
仕方ないじゃないか……。


あまりにも強い信念が故に
みんなのために貫いてきたその思いを
ずっと大切に目的を果たそうとしてきたエリディブスでしたが
ついには目的だけが独り歩きし
誰が為の世界の調停か

エメトセルクが闇の戦士に未来を託し
エリディブスは一体どういう思いで
消え去っていったのでしょうか。



そして、水晶公としてやるべきことを果たしたら
話したいことがあったという水晶公。
笑い飛ばしてもいいから聞いてほしい

あんたと、旅がしたい
次の冒険には、きっとオレを連れてってくれ


ワイ「ああ。」

記憶と魂は白聖石に封じ込め、
その身はクリスタルタワーと共に立ち続け
彼は、永きに渡る水晶公としての役目を終えました。




月日を重ねて、広くを見、大きなものを背負うほどに、
自分ひとりの願いは胸の奥にしまわれていく。
それを口に出すのは
とても勇気がいることだ…。

けれど、周りを見渡して、ふと気付く
人は結局、己の願いに導かれながら
生きているのだと。

ヴァウスリーが、楽園を作ることで、
己が何者であるかを証明しようとしていたように

ランジートが深い愛ゆえに立ちはだかってきたように

罪喰いに抗ってきたすべての人が
生きたい、一緒に生きていきたいと
叫んでいたように。

そしてまた、あらゆる時代の命が
同じように願いを重ねてきたことを
世界が物語っているように

だから自分も、時がきたら、
しまった願いに向けて歩き出そう
そこに危険があったとしても構わない
願いは…夢は、いつだって
挑むものだ

そして 人らしく
人として生きること
それが、救ってもらった命でできる
精一杯だ…とな

ベーク=ラグ



ノルヴラントの民たちに別れを告げ
暁の血盟一行は原初世界へと帰還するため発ちます。

水晶公がどこから来た何者だったのか
ついに本人から聞くことはできませんでしたが
現状こそが、何よりも雄弁な答えでしょう

公の身に起きたことについては
報告をいただいております
今、どういった状態なのかも…。

…大丈夫です。
きっと、全部うまくいきます。

この街の皆が…
クリスタリウムで生まれ育ったすべての民が
それを祈っているのですから

だから…公が目覚め、
もし私たちのことを覚えていたら
どうか伝えてはいただけないでしょうか

こちらの心配はいりません、と

今度こそ下手な隠し事なんてせず
思う存分、命を謳歌してください。
あなたがいつも、私たちにさせてくれたように

いつかあなたが、こちらでのことを思い出して
ふと笑うような夜があれば…
私たちも、きっと同じように笑っています
…と


…お願い、できますか?


ライナ


パッチ5.3
合計8回くらいは泣きました
この記事書くためにSS漁ってる時でさえ
涙ぐむことが多々あるほどに。

漆黒のヴィランズ』の集大成
物語を無駄に引っ張ることなく綺麗にまとめ
本当に素晴らしい最高の仕上がりです。
ゲームでこんなに泣いたの他に無いです。

素晴らしいです。

最後のエピローグでは
本人の願いでもあった一緒に冒険するということ
それを叶えるべく原初世界のグラハ君を起こしに行き
レヴナンツトールで暁に受け入れ
F.A.T.E的な些細で日常的な事件を人助けし
これからグラハはそんな何気ない日常を彩り
そして5.4では大きな英雄の冒険譚を
踏みしめていくのですね。




YoRHa: Dark Apocalypse

人形タチノ軍事基地が実装されましたが
合計3回くらいしか行っておらず
ストーリー内容もメインが濃すぎたせいか
あまり覚えてないんですけど
白い2Pが実は敵だったみたいな流れ?
でしたかな
本物の2Bが出てきて
なんか白いやつらを倒すとかそんな流れでしょうか

一応ニーアオートマタはプレイしたことあるので
機械生命体とかアンドロイドとかは
なんとなーく分かっているんですが
いかんせんストーリーがあんまり入ってこないんですよね
メインストーリーだけじゃなくて
こっちもフルボイスにしてほしいですね

アライアンスレイド自体はまぁいつもの難易度ですね


極ウォーリア・オブ・ライト

今までのギミックとは一味違って
敵側のLBメーターがシャキンシャキン言ってて
なんか格好良かったです

難易度も今までの傾向に比べると
ちょいと難しめなギミックもあって
油断してると最後に崩壊しやすいですね

笛のためそのうち周回することになりそうです




南方ボズヤ戦線

これもとりあえず
ただひたすらにスカーミッシュとCEをやって
適当に攻城戦に参加できるようになったら参加して
ピクミンしていたら終わってしまいました。

かつてのエウレカは死んだら自分だけ終わりっていう
超極度のプレッシャーがあったが故に
そのコンテンツに挑むための準備とかめちゃくちゃ頑張って
なんとかクリアしてやろうって気概がありましたが
今回のボズヤに関してはそんなにやり込むことがない
って感じでわりと早めに飽きてしまいましたね

エモートとかマウントとかはマケボで買い、
鑑定1000回アチーブは1回だけ野良でそれ目的のPT入って
達成してしまったのでもうやることが無いですね(´・ω・`)

ストーリーもなんかよく分かってないです。


某チンピラPvP (S16 , S17)

今回僕がパッチ5.3に費やした時間の9割9分が
この某チンピラPvPコンテンツになります。

なぜこのコンテンツをやろうと思ったのか
その理由はただひとつ

この報酬が欲しかったからです。
もうただそれだけです。
DC単位のランキングで100位以内に入れば
貰える報酬となります。

一応3年前のパッチ3.5に開催してたシーズン4の頃も
報酬目当てで必死にランクマ回して
このコンテンツで恐らく一番人口が多かった時期に
MANAで50位台に入れた実績があるので
まぁなんとかいけるっしょって思っていたのですが
今回ばかりはルールに慣れる、環境に慣れる、
プレイを手に馴染ませる 等々
大きいアップデートを挟むとルールとか仕様が
ガラッと変わってしまうコンテンツなので
過去のアドバンテージがほぼ無く
ひたすらプレイして実力を養っていくという
苦悩の日々を送っていました。

絶や零式のような暗記で済むPVEコンテンツとは違い
その場その場で目まぐるしい速度で変わる戦況で
どう動くべきなのか
勝つためにはどう対処すべきなのか
己のプレイヤースキルのみで打破していくのが
PVPというコンテンツなのです。
最適解が中々分からないですし、
動画見返して「○○しておくべきだった」
っていうのも結果論でしかなく
本当にそれで勝てていたかどうか分かりません。
対人コンテンツである以上は
どっちかが必ず負けて
どっちかが必ず勝ちます

ちなみにソロで申請して知らない人たちとPT組んで
4vs4で相手チームを倒すっていうのが
大まかなルールです。
多少マッチングの運要素もあるのは事実です。

で、
S16だけで800戦くらいやって
なんとか無事にランクインすることができ
欲しかった魔導キャリアー改を頂くことが出来ました。

800戦って冷静に考えてキ○○イじみた数字ですが
全然シャキらなくてもめげずに申請しまくって
ダイヤ戦場でも勝率5割↑キープ出来てたので
結果として実力的にもランカーと言える
くらいにはなれたと思います。
たぶん僕は大器晩成型なのでコツを掴むまで
めちゃくちゃ時間かかりましたけども。笑

タンクとしての勝ち筋は
とにかく自衛をしっかりして死なないこと
死なないためには敵の視線を切って
そもそものダメージを減らすこと
PVEとの大きな違いの1つですね。
どれだけ防御バフを炊こうとも
4凸顔面受けしていたら即死します。

今はS17開催中なのですが、
報酬が微妙なのもあって
S16よりも過疎っていて特定の時間以外は
もうほぼシャキりません。
S16でランキング載れた人であれば、
S17は余裕だと思います。
ボーダーラインもGAIAならレート1700あれば
ランカーになれるんじゃねって感じですね。



イシュガルド復興

復興ランキングS2があったようですが
私は某チンピラPvPに精を出していたので
ランキングどころか1回も何も納品することなく
自鯖の復興は完了しておりました。

クポフォーチュンは前回の復興の時に
1等30回アチーブ獲ってしまったので
今回はマケボで賞品全部買いました。

FCメンバーが2名ほどセイントを獲っており
しゅげえや・・・って感じです。
地元モブハンLSオーナーの方も獲ってたかな
おめでとうございます!



ハウジング争奪戦

参加する気は無かったのですが
普段は過疎って全然シャキらない某チンピラPvPが
最終日だけは夜中までシャキシャキでしたので
朝5時までプレイしてしまいました

そんなわけで色々と察して頂いて
メンテ終わってすぐログインできる環境でしたので
特にどこの土地がほしいとか全くなかったのですが
運良くエラー落ちせずログインすることができ、
なんか適当に赴いた場所のLハウスが買えてしまいました。
Lサイズなだけあって庭が広々と使えます。

土地タイマーも5.4で復活するみたいですし
FC家がいまだにSハウスなので
45日後の日時教えて譲りたいのですけど(‘ω’)



総括

とにかくメインクエストが最高でしたね。
次なるストーリーがまた紅蓮篇を蒸し返しそうな面々でやっていくような雰囲気が出ていて胸焼けしそうな心配がありますが、グラハ君の活躍と共にどんなストーリー展開になるのかが見どころだと思います。

そして希望の園エデンも最終編となり
どんなギミックが待ち受けているのか…
でも最後の〇○編って比較的に簡単なので
たぶん共鳴編より簡単だと思ってます。
そう期待しています。




Copyright (C) 2010 – 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

エンタメ観音堂の最新情報をチェックしよう!
>to be filled with deep emotion.

to be filled with deep emotion.

心地の良い深い感情に満たされ、誰かに教えたかったり伝えかったり...
私たちエンタメ観音堂は、世の中の〝面白い〟ものを動画配信やブログやSNS等で発信・共有していき、人や文学や映画や音楽、そういうことに心を動かされた自分を好きになれたり、自身が忘れていた気持ちや新たな価値や人生観を見い出せて頂けたら幸いであります。

YouTubeチャンネルも立ち上げましたので、
よろしければご覧ください

CTR IMG