TAG

泣いた作品

    • 2020.10.03

    フルーツバスケット -1期名言-

    どうも、みなさまこんにちは今回は『フルーツバスケット』1st seasonの名言を紹介していきます。 フルーツバスケットとはなんぞやという方は、こちらの記事で紹介していますので是非ご覧ください。 あらためて最初から見返してみると初見ではなんとも思わなかった数々のセリフがめちゃくちゃ泣けてくるようにな […]

    • 2020.09.22

    【1期、2期】フルーツバスケットにひどく感動しています。

    どうも、みなさまこんばんは今回は『フルーツバスケット』について語りたいです。 フルーツバスケットとは、高屋奈月先生による日本の漫画であり、少女漫画の金字塔ともいわれているほどに人気を博しており2007年に「もっとも売れている少女マンガ」として、ギネスブックに認定されたようです。恐らく名前だけなら聞い […]

    • 2020.06.21

    BUMPのHAPPYは喜びも悲しみもひっくるめた人間讃歌

    どうも、みなさまこんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『HAPYY』について語ります。 この曲は2010年4月14日に発売された10年前の曲です。主に対人関係で心に深くダメージを受けているときに聴くと8割くらいの確率で泣くほどに僕にとって共感が強い曲なのですが、今の新型コロナウイルスの世 […]

    • 2020.04.19

    『君の名は。』が最高すぎる理由

    どうも、みなさんこんにちは。今回は日本で社会的ブームになった『君の名は。』について語ります。 『君の名は。』ってなんですか?って方はあまり居ないとは思いますが、タイトルだけ知っていて作品の内容は知りませんという方もいると思います。 本稿に関しては内容を知っていることが前提で書いているため、もし作品を […]

    • 2020.02.22

    彼方のアストラが想像を超えまくる伏線回収劇だった

    どうも、みなさんこんにちは。今回は『彼方のアストラ』について語っていきます。 この作品は会社の後輩にオススメされていて気になっていた作品だったのですが、結局見ずに今までに至ってしまっていたので、いつか見たいなぁと思っていた作品です。 適当にテレビのチャンネルを回していたらたまたま刺客が判明するネタバ […]

    • 2020.02.02

    ぼくのなつやすみ2でガチ泣きした話

    どうも、みなさんこんにちは。今回はPS2用ソフトの『ぼくのなつやすみ2』について語っていきます。 ぼくのなつやすみ2とは2002年7月11日にソニー・コンピュータエンタテインメントから発売されたゲームで、当時中学2、3年生だった僕はPlayStation the Bestという1,800円くらいで買 […]

    • 2020.01.15

    BUMPの『記念撮影』が人生の真理すぎる

    どうも、みなさんこんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『記念撮影』という曲について語っていきます。 この曲は2017年7月5日にデジタルリリースでiTunesなどで配信されたシングル曲です。2017年11月時点で音楽配信での売上は14万ダウンロード、リリックビデオのYouTubeでの再生 […]

    • 2020.01.01

    FF14はいかにして天下を獲ったのか

    どうも、みなさまこんにちは。今回は『FINAL FANTASY XIV』(FF14)について語っていきたいと思います。 FINAL FANTASY XIV(以下FF14)とはFFシリーズの正式ナンバリングタイトルの14作目で、オンラインゲームとなっております。 最初に作られたものがあまりに酷すぎる出 […]

    • 2019.11.07

    ヒカルの碁は人間ドラマの群像劇だ

    どうも、みなさんこんにちは。 今回の『ヒカルの碁』について語りたいと思います。 『ヒカルの碁』は週刊少年ジャンプにて1999年から2003年にかけて連載されていた漫画で、2001年からアニメ化もされています。アニメ化と共に社会現象として日本中の子供たちが囲碁をするという囲碁ブームを引き起こしました。 […]

    • 2019.10.12

    NHKにようこそ!を見て現実を直視しよう

    どうも、みなさんこんにちは。今回は『NHKにようこそ!』について語りたいと思います。(ちなみにアニメ版の正式タイトルは『N・H・Kにようこそ!』です。) 引きこもりの主人公、佐藤達広が自分の人生をどうにかしようと周りの人間に助けられながら色々と奮起して現状を打破していこうとする作品です。今から主に語 […]

    >to be filled with deep emotion.

    to be filled with deep emotion.

    心地の良い深い感情に満たされ、誰かに教えたかったり伝えかったり...
    私たちエンタメ観音堂は、世の中の〝面白い〟ものを動画配信やブログやSNS等で発信・共有していき、人や文学や映画や音楽、そういうことに心を動かされた自分を好きになれたり、自身が忘れていた気持ちや新たな価値や人生観を見い出せて頂けたら幸いであります。

    お問い合わせ等はこちらから
    よろしくお願い致します。

    CTR IMG